ポスティング、チラシ作成、DM作成やニュースレター、サンキューレター、小冊子作成などので地域集客
渋谷区から東京都内全域(23区/多摩地区)・神奈川(横浜市・川崎市)・埼玉・千葉の地域集客、地域広告、チラシ、ポスティングのご相談は(有)アルファポスティングシステムにお任せください。新規顧客の獲得から、集客の仕組み創りまでご相談にのっております。
地域集客の無料セミナー反響塾(チラシ・ツール作成・広告の使い方など)地域集客 (あなたの地域集客を成功させるためのトピック)反響チラシ (反響が出るチラシを作成・制作するためのトピック)既存客との関係性を育む・顧客創造する商い・集客を『コトバ』から考える

儲けるポスティング損するポスティング/反響道など
ポスティングを考える・学ぶ・使う
問合せフォーム

著書・その他情報
   儲けるポスティング損するポスティング
弊社代表望月まもるが著したポスティング入門書です

地域集客のセミナー反響塾


   ※ポスティングに関しては【反響.jp】でも最新のお話をいたしております

   ポスティングを自分でやってみる

自分達でポスティング広告を行う事は様々な目的、目標到達の為に大変有意義な作業です。
自店の売上を 自分達で稼ぎ出す という感覚を持てば、更なる売上向上も見込めますし、
何より・・・慣れた時には「コスト削減」も達成可能な広告手段です。

しかし「たかがチラシ配りだろ?」と侮っている方には、手痛いしっぺ返しもあるのがポスティングの恐さでもあります。
地域の方(配布される側)から見れば、いつの間にか投函されているポスティングチラシです。
投函する上で最低限のマナーを遵守しない限り、あなたに対する地域の信頼度は「失墜」し、 
もうチラシでは「誰も来てくれない」状況を作り出す事だって「簡単」なんです。

では・・・ポスティングを自分でやるにあたって何が必要でしょうか?手早く言えば「体」と「頭」と「根性」です(笑)。
どこから手を付けて良いか解からない方は、この様な順序で行うと良いでしょう。
あ、終盤の『効果測定→続ける』の部分は絶対忘れずに。

1 チラシを考える
チラシ作成は「命」です。もし効果が低かった場合は何度も作り変える覚悟が必要です。
一回目のチラシで、地域の皆さんから支持いただけるほど甘い世界ではありません。
ご自身の商売、スタイルにマッチしたチラシ作成を模索してみましょう。

2 配布地域の選定
チラシの『対象者』が多く在住してそうな地域を抜粋してみます。
もしくは今回のチラシの目的に則した地域を決定します。
「町」「丁」単位で選出しましょう。

3 地図の作成
コピーで充分です。市販の地図(航空住宅地図までは必要無し)を購入し行きたい地域のコピーを数枚とって下さい。
最近はGOOGLE MAPなども簡易的に使用できますし、効果測定用の記録も出来るので『使いよう』だと思います。

4 配布の開始
用意する物・・・・・ チラシ、チラシを入れる袋、地図、筆記用具、メモ帳、履きなれた靴  位です
エリアに到着したら、必ず一番端(1番地から・・・とか)から配布をします。
慣れないうちは、配布した場所を忘れてしまいがちですので
必ずマーカー(蛍光ペンが便利)でチェックしましょう。

配布の注意事項

きちんと折って一枚ずつ、ポストの奥まで落とし込む。
コレが基本になります。
      

空家は絶対配布しない   
イメージが悪く、投函すると放火や悪戯の原因にもなります。
空家から反響は出ませんので、絶対にポスティングしないで下さい。

挨拶              
地域の住人さんに会った場合は必ず挨拶しましょう。
「○○町の○○ショップです。バーゲンのお知らせですのでどうぞ!」という具合に、一言添えるといいでしょう。

一区画ずつ確実に     
配布に出ればご理解いただけるのですが、最初のうちは『道の左右両方』を配り進めたくなるんです。
でも、我慢しましょう(エリアの把握能力が育つまで我慢です)。
一区画ずつ確実に投函しないと「配布したか?してないか?」混同します。
これらは「重複配布」「配布漏れ」の原因になりますので正確に配布する為、1番地もしくは1区画ずつ配布を進めていきましょう。

効率よく配布するにはどうしたらいいか? 良く考える
とは言っても「一区画ずつ」配布するというのは、行動に大きな「ロス」があるもんです。
効率よくエリアを回る為、頭を使いましょう。ヒント→「一筆書き」

トラブル             
配布を拒否された物件には「拒否する理由」があるものです。
無理に配布しようとするとかえってトラブルの原因にもなりかねませんので、絶対に配布しないで下さい。
どうしても配布したいのなら、後で菓子折りを持って行くなりして「お願い」というスタンスで切り込んでください。
また、この様な建物はメモしておき、今後の配布に役立てるべきです。中にはかなりクセのある方もいます。 
警察を呼ぶ、○円よこせ、社長連れて謝罪に来い・・・無理難題を言われる事もありますので、注意しましょう

5 終了する時          
番地や区画の途中ではなく、必ず「切れが良い場所」で終わらせます。
解かり辛い終わらせ方をすると、次回の作業開始場所が不明瞭になるからです。
これも配布漏れ、重複、の原因になり、しっかりした効果測定が困難になります。

6 配布が終了したら(効果測定)  
お店、事務所に戻り、「月日」「地域」「配布枚数」を記録しましょう。
この記録の積み重ねこそが明日からの重要なデータになります。
データを元に色々な展開を推測、行動していけますので、正確に記録しましょう。

7 続ける。そして磨いていく
実は「ポスティングのやり方」の中で一番重要な事は、これでしょう。継続するという事です。
世の中には色んな広告媒体があります。「TVCM」「ラジオ」「電車中吊り」「バスのアナウンス」「オーロラビジョン」・・・・
紙(チラシ)を利用する物でも「街頭手渡し」「DM」「フリーラック」「新聞折込」そして「ポスティング」・・・・・
費用対効果って簡単に言うとこういう事です。

この広告は「いくら掛けて(広告経費)、いくら戻って(売上げ)きたんだ?
しかしそれは「目先」だけの話です。理由はココ
本当に大切なのは・・・・お客様に来てもらってからなのです。

ポスティングでいらしてくれたお客様は、全員が将来的に「超優良顧客」になる可能性を秘めてます。
例え「少ない・」と感じる「反響数」だって将来的に「すごい売上」に育つ可能性があるのです。

だからポスティング『可能性を連れてくる広告』とも言えます。
その可能性を、生かすも殺すもあなた次第なのです。

いらしたお客様は新規客さんです。
お店(会社)と、お客さんとのご縁は始まったばかりです。
ですので、それを育んで行く『仕組み』も同時に考えて下さい。

サンキューレター(お礼状)、ニュースレター、小冊子・・・
『接客』だけでは伝えきれない事を、効率的に伝えるのが『広告ツール』の使い方でもあるのです。

ポスティングを自分で行う場合、
「これ(ポスティング)は俺の仕事じゃないんだけどなぁ・・・」という考えは捨てておきましょうね。
そうじゃないとご自身でポスティングを継続していく事は、まず無理です。

「これも自分の本業の為に必要な仕事なんだ」
「新しいお客さんと出会いたい!」と念じながら、ポストにあなたの想いを配布(※)してください。
(※配布:布を扱うように丁寧に配ること)

モノがない時代は、モノがあれば売れました。
見せ方が上手な人、プレゼンが上手な人もモノを売る事が出来ました。

しかし・・・最近はそうでもなくなってきてるのです。
お客さまの動向が、今までと違ってきてるのです。

看板を上げただけでは、お客さんはやって来てくれません。 

しっかり本業に勤しみつつも、発信していかない限り
何かを伝えていくのは難しい世の中なのです。
ですので、しっかり続けていきましょう。

データを取り、チラシをバージョンアップさせながら続けると、
いつしか『集客って簡単だよ』と言える日が来ますから。

効果測定その1(反響率)
効果測定その2(CPO/新規客を1人獲得する経費の概念)
効果測定その3(CPO/掛けた広告費を回収するために)
効果測定その4(CPO/限界ギリギリCPO)
効果測定その5(CPO/CPOと投資金額回収が一目で読めるシート)
効果測定その6(CPR/1人の方から連絡を頂くための経費)

地域集客の無料セミナー反響塾(チラシ・ツール作成・広告の使い方など)