ポスティング、チラシ作成、DM作成やニュースレター、サンキューレター、小冊子作成などので地域集客
渋谷区から東京都内全域(23区/多摩地区)・神奈川(横浜市・川崎市)・埼玉・千葉の地域集客、地域広告、チラシ、ポスティングのご相談は(有)アルファポスティングシステムにお任せください。新規顧客の獲得から、集客の仕組み創りまでご相談にのっております。
地域集客の無料セミナー反響塾(チラシ・ツール作成・広告の使い方など)地域集客 (あなたの地域集客を成功させるためのトピック)反響チラシ (反響が出るチラシを作成・制作するためのトピック)既存客との関係性を育む・顧客創造する商い・集客を『コトバ』から考える

儲けるポスティング損するポスティング/反響道など
ポスティングを考える・学ぶ・使う
問合せフォーム

著書・その他情報
儲けるポスティング損するポスティング
弊社代表望月まもるが著したポスティング入門書です

地域集客のセミナー反響塾

 商い・地域集客を成功させるために『集客爺さん』がお話してます・・・。

■時の概念について
ぼやぼやしとると、人生は『あ。」っというまに終わるんじゃよ。
こんな話も参考にして、『実践』に励んで欲しいもんじゃ。
------------------------------------------------
■あなたが起きてる時間を算出する
------------------------------------------------
A子ちゃんは寝ぼすけ君である。彼女は1日9時間の睡眠時間をとっていた。
B君の睡眠時間は1日6時間である。すると・・・彼らの間には 3時間の『時間差』が生まれてくる。
まずココがチェックポイントなのです。

さて・・この3時間だがA子ちゃんは B君より3時間多く寝てる・・・。という事は
1週間で 21時間、1ヶ月で 90時間な・・なんと1年では 1095時間も多く寝てる事になるんだな。

コレを1日24時間で換算すると45.62日・・・。
なんとA子ちゃんとB君は 同じ1年なのに『1ヵ月半』も生きてる(起きてる)時間が違うのだっ!!!!(笑)。

A子ちゃんの1日は 15時間。しかし・・・B君は24時間起きてなど・・いない。
という事は1日6時間睡眠を取るB君(彼の1日は18時間)にしたらプラス約15日という事になるので・・・・
A子ちゃんの1年はB君の・・・というよりこう言った方が解りやすいだろう。

B君が生活してる1年はA子ちゃんの10ヶ月分って事だ!!!!。

B君は除夜の鐘を聞けるのだが、A子ちゃんは紅葉も見れずに正月を迎えるって事になるのだ・・!(汗)

さて・・・あなたの1年は何時間??

----------------------------------------------------
■一生を80年として計算してみる
----------------------------------------------------
A子ちゃんは 現在20歳、B君は30歳って事にしましょうか。

<A子ちゃんの場合>
80歳−20歳=60年。
彼女の1日は15時間なので
15(時間)×365(日)=5.475時間(起きてる時間)
5.475(時間)×60年=328.500時間(起きてる時間)という事になるね。

<B君の場合>
彼の1日は18時間なので・・・・
18(時間)×365(日)=6.570時間(起きてる時間)
6.570(時間)×50年=328.500時間(起きてる時間)
A子ちゃんとB君は1日たった3時間の差で・・・・
10年の年の差が一気に縮まってしまうのだ!!!!(驚愕)

恐るべし!!睡眠時間っ!!!!!!!

しかしながら、いっぱい寝てる・寝てないってぇのが大事か??ってぇと
実は・・・・そうではない。睡眠は質が重要だからね。
問題は・・・・起きてる(生きてる)時なのだっ!起きてる時間の『質』なのだっ!。

----------------------------------------------------
■『自分らしくいれる時間』を算出してみる
----------------------------------------------------
例えば仕事の時間。例えば買い物をして料理をする時間や掃除・洗濯をする時間や病院にかかってる時間など・・・。
生活する。って事は結構『時間』がかかるもんなのである。しかし・・・ココは当然って言えば当然な『時間』でもある。
だって人間として日常生活を続けていく上で必要不可欠、例えば『食べる時間』なんてぇのも入ってくるからね。

なので大事なのは・・・『自分らしく過ごせてるか?』って事。
そして心が『快』の状態で過ごせているか???って事なんです。

仕事に翻弄されたり、外出してる時は全く別人格だったり、気の合わない友人と無理に過ごしてみたり
彼氏・彼女と喧嘩ばっかりしてたり・・・と・・・。
他人に接してる時間、関わってる時間ってぇのがあなたの周囲には沢山あるんだが・・・
あなたは 本当に望んでその時間を過ごしているのか???
その時間は 自分らしく、かつ『幸せ』であるか??という『中身』が重要なんだな。

例えば出来の悪い後輩。彼の面倒を見てるので、あなたは彼にかなりの時間を使ってたりする。
例えばすぐヘソを曲げる上司。KINGのご機嫌1つで、あなたの時間はすぐに消し去られてしまう(汗)。

あなたが 『あなたでいられる時間』って生活している時間内にいったいどれ位あるのだろう?。

人は誰かと接触すると、自然に誰かに迎合してみたり、角を立てないようにと、自分の意見を曲げてみたりもするんだ。
しかしココに『苦』が生じたり自分を殺したりしちゃうと・・・・『自分』の時間を殺してしまう事にもなる。
ある意味『寝てる時間』よりもタチが悪い(汗)。

人には色々な趣味がある。趣味に没頭してる時間は至極の時間。
しかしココですら『自分の心の置き所』次第で『自分らしさ』を殺してしまう可能性だってあるんだよね。

うーーむ。『過ごし方』恐るべし(汗)

------------------------------------------------
■魂と体が乖離(かいり)する理由
------------------------------------------------
って感じで算出していくと、『自分らしく過ごせてる時間』ってぇのは意外と無いもんである。
己の『快』の為、他人を犠牲にしてたらそれはそれで人としてアウト。
他人の『快』の為、自分を犠牲にしてもアウト。なかなかバランスを取るのは難しいもんですなぁ。

しかしながら・・・・『自分らしい時間』『自分らしさ』って事を考えた時、
あなたは『自分らしい』って事について答えられるだろうか?????

他人から見た『自分らしさ』。自分で思う『自分らしさ』。
双方にはギャップがあったりするのだが
その『印象』や『内情』の差があればあるほど・・・・・あなたは誰かと過ごしてる時『自分を殺してる』って事になるのだ。

だってさぁ、いつでもドコでも『オリジナルの自分』を出せてれば、それは全くストレスの無い状態だから・・・・・
『自分として生きてる(起きてる)』って事になるでしょ????。

だからこそ、あなたを取り巻く『生活時間』のすべてにおいて『あなたらしい時間』を過ごす。というのは
とーーーっても重要な事なのです。

あなたらしい時間 → 生きてる(起きてる)時間
あなたを殺してる時間 → 死んでる(寝ている)時間でもあるから・・・。

しかし最近は自分で『自分らしさ』を認識してない人も・・・多数見受けれられたりもするのね??。
ココが一番厄介であり、難儀でもある・・(汗)。

自分を殺す習慣をつけてたり、自分を曲げる慣習があったりすると
自分自身が何者だか解らなくなってしまうんだ(汗)。
体はココにあるけど、魂はちょっと違う場所にある状態だ。

コレは世に言う『成功者』にも見受けられる。「本当にそうなりたかったの?」こう見える方も多いのである。

では・・何故世の大人達が、こぞって『自分を見失ってるのか??』を考えた時・・・ココが重要なのでは?と感じたんだ。
『自分に対して 時間を掛けてるかな?』と。
自分自身を振り返ったり対話してみたり、誉めてみたり、叱ってみたり・・・・そういう事してるかな??と。
愛情をかけてないから自分の魂が 体から乖離してるんじゃないのかなぁ?と。

自分に時間を掛ける = 自分に愛情をかけるって事だと思うの。
自分自身に興味をなくす。忙殺され自分らしさを損なう、見失う。
『あれ・・何故、俺こんな事言ってるんだ??(あわわわ)』『あら・・・私ってこんなに嫌なヤツだったっけ(自己嫌悪)』
これらは単に『自分自身に時間を掛けてない』から結果としてそうなっただけだと感じるの。

この世の中は総て 『原因』と『結果』の法則で動いてます。
惰眠をむさぼるから『差』になる。自分らしい時間を意識しながら過ごしてなければオリジナリティは消失する。
これもまた必然なのです・・・。

---------------------------------------------------
■『時の過ごし方』に対して前のめりになる
---------------------------------------------------
例えば『ぼーーっ』としながら受けた授業。「つまらないなぁ・・」って感じで受講してると時は ぜーーーんぜん進みません。
しかし愛するあの人との時間。『あ。』と言う間に過ぎ去ります。コレ何故だろう?????。
それは・・・『自分が前のめりになってるか?否か?』だけなんだよね。
苦手意識が高い時間は イマイチ気合も入らないが自分がヤリたい事、楽しみにしてる事だと 超乗り気になる。
全部『自分次第』って事なんす。

ならば生活の総てに対し『前のめり』になっちまえば良いんじゃないか?と。(笑)
コレを一言で言うなら『一所懸命』です。
一所懸命通勤する。一所懸命歯を磨く。一所懸命誰かと接する。一所懸命ご飯を食べる。・・・・・・・etc

何となぁーーく。ではなく常に一所懸命。
額に汗しながら ご飯を食べる姿だってなかなか美しいもんです(笑)。

すると・・・・生活全般が『前のめり』になるのでグダグダする時ですら、一所懸命グダグダするんですな(笑)。
額に汗しながら全力で生きる。って・・・美しい!

---------------------------------------------------
■『時の濃度』をあげる環境創り
---------------------------------------------------
話が早い人。話が遅い人。
何かが生まれ、どんどん進むメンバー。全く動かず、遅々として進まぬメンバー。
あなたはどちらの方が、『時』の濃度が高いと感じますか?という事も考えると
『環境』も大事って事に気づくのです。

『個』には『個』の利がある。『群』には『群』の利がある。しかし・・・・
その中身次第で、その『密度』は大きく大きく変わるのですから。

付き合いたくない友人と無理やり飲みに行くのなら
自分との対話をした方が、ずーーーっと『濃密な時』を過ごせたりだってするんです。

自分自身である事が出来る時間を増やし、そういう環境を作り出す。
『時』は万人に対し、均等に与えられてるからこそ・・・
『使い方次第』でどうにでもなるのです。


地域集客の無料セミナー反響塾(チラシ・ツール作成・広告の使い方など)