望月まもるが反響チラシ作成、ポスティングを活用した新規客獲得、ニュースレターなどで顧客育成&関係構築など地域集客のお話を盛り沢山しています!
反響屋(有)アルファポスティングシステム 反響が出るチラシ作成と配布 東京・渋谷〜神奈川、埼玉、千葉
地域集客の無料セミナー反響塾(チラシ・ツール作成・広告の使い方など)地域集客 (あなたの地域集客を成功させるためのトピック)反響チラシ (反響が出るチラシを作成・制作するためのトピック)既存客との関係性を育む・顧客創造する商い・集客を『コトバ』から考える

儲けるポスティング損するポスティング/反響道など
ポスティングを考える・学ぶ・使う
問合せフォーム

著書・その他情報
   儲けるポスティング損するポスティング
弊社代表望月まもるが著したポスティング入門書です

地域集客のセミナー反響塾

地域集客の無料セミナー反響塾
全国各地で開催中!!

反響実践会 (反響ツールを創り実践する会)

地域集客・ツール・商いの勉強会
反響実践会


長寿命住宅協同組合
脱・もったいない家づくり
群馬200年住宅構想における、これからの時代の家づくりが全部ココに書いてある!(小冊子は群馬長寿命住宅共同組合が開催するセミナーで頂けます)
※弊社は長寿命住宅共同組合を応援してます。
  お客様の声を掲載する


--------------------------------------------------------
■お客様の声
--------------------------------------------------------

お客様の声を掲載すると、反響が良い!!。と云われてます。
『自社で言いづらい事を第三者的な言葉で表記できるから』
という理由なのですが、
自身のサービスや商品について、立体的な説明・訴求が可能になるんですね。

しかし・・・以前は『自社でお客様の声の原稿を書く』なんて事が
当たり前の様に行われてました。

明らかな情報操作です。

今でも『これは怪しいな』と思える広告がありますけど。
『お客様の声』は『事実』に則してるからこそ『お客様の声』なのです。

無い物を『ある』かのように見せる『表現手法』ではないのです。


お客さんの声。というのは、紛れもなく『ファンの声』なので・・・
言葉に説得力があるんですね。

ここが『何となく』響いてくるのが
『お客さまの声』のパワーでもあるんです。

なのでちゃんと頂いた『声』を純度の高いままお届けする。というのが、
お客様の声を活用する上で大事なコトだったりするのです。

私がお世話になってるクライアントさん(通販会社)も
当然『お客様の声』は大活用しているのですが、
彼らは総て『オリジナル(加筆減筆無し)』の状態で使用しています。

その方が響く。という事もあるのですが、
オリジナルの声をいじる。という事は・・・場合によっては『ウソ』になってしまうからです。

表現はとっても微妙なものです。
個人の感覚が『商品を売る為のトピック』に利用されてる分、
その『使い方』は慎重であるべきでしょう。
コメントしてくださったお客様への冒涜にもなりかねませんし。

ゆえに、これを正確に表現するため、
『お客様の手書きコメント』を直接掲載する。という手法もあります。

--------------------------------------------------------
■手書きのコメント
--------------------------------------------------------
お客さま自身の手で書かれた『コメント』の場合、その訴求力は高まります。

特にチラシ等の場合、一般的には『デザインされたもの』が多いので
手書きは『目立つ』という特性もあるからです。

また文字には、その人の個性が宿ります。
人間性が伝わってきたりもします。

お客さまが自分自身の想いをこめて
その方自身の文字で、自分の意見を書く。
これほど純度の高い『カタチ』は無いでしょう。

しかし手書きコメントは、いくつかの注意点もあります。

上手で読みやすい手書き文字でしたら
読み手にとって『魅力』を訴求しやすいのですが、
『読みづらい文字』の場合、伝わるどころか『読まれない』という欠点もあるのです。

またスキャナで読み込んだまま使用すると
『明暗のコントラスト』が文字を読みづらくしてるケースも多々あります。

影が多かったり、文字が薄かったりすると
せっかくの手書きコメントが、やはり読みづらくなってしまうのです。


この様に手書きコメントを掲載するのは訴求力もあがる分、
読みやすさ』も配慮する必要があると言えるでしょう。

しかし・・・
私は個人的に、もう1歩踏み込んで活用しきる姿勢。も重要だと考えてます。

--------------------------------------------------------
■1歩踏み込んで
--------------------------------------------------------
それは『お客様の声』だけ掲載しておしまい。
というケースがほとんどだからです。

その声に対して『コメント』を返した場合・・・どうなるのでしょうか?。

担当者がそのコメントに対して回答する、
感謝の言葉を述べる、苦労話を『思い出』として語る・・・。
色々な『コメント返し』が出来そうですよね?。

紙面が限られた『チラシ』『セールスレター』などの場合なら、なおさらですが
お客様の声を可能な限り掲載してしまえ!!!と沢山掲載するより、
一つの声に対して、実直にコメント返ししてる方が・・・読み手に何かが伝わるのではないでしょうか???。

踏み込む事で『対話』『対談』になり、
それが『人の介する商売の姿』を現してくれますから・・・。



地域集客の無料セミナー反響塾(チラシ・ツール作成・広告の使い方など)