望月まもるが反響チラシ作成、ポスティングを活用した新規客獲得、ニュースレターなどで顧客育成&関係構築など地域集客のお話を盛り沢山しています
反響屋(有)アルファポスティングシステム 反響が出るチラシ作成と配布 東京・渋谷〜神奈川、埼玉、千葉
地域集客の無料セミナー反響塾(チラシ・ツール作成・広告の使い方など)地域集客 (あなたの地域集客を成功させるためのトピック)反響チラシ (反響が出るチラシを作成・制作するためのトピック)既存客との関係性を育む・顧客創造する商い・集客を『コトバ』から考える

儲けるポスティング損するポスティング/反響道など
ポスティングを考える・学ぶ・使う
問合せフォーム

著書・その他情報
   儲けるポスティング損するポスティング
弊社代表望月まもるが著したポスティング入門書です

地域集客のセミナー反響塾

地域集客の無料セミナー反響塾
全国各地で開催中!!

反響実践会 (反響ツールを創り実践する会)

地域集客・ツール・商いの勉強会
反響実践会


 広告はギャンブルじゃない

広告はギャンブルじゃない

広告を使用した際、媒体経費に対して『売上が上がったから儲けだ』とか『トントンだ』という観点で見られがちです。
そもそも広告は『新規客の獲得』という明確な目的意識を持って使用するもので・・・
本来『売上を上げる』『利益を上げる』『集客する』という作業は別々に考えるべきでもあるのです。
つまり一緒にしては危険という事ですね。
ココでは『広告予算算定の根拠』についてお話してます。
集客は決してギャンブルではないのです。

       

---------------------------------------------------
■「予算算定の根拠」を明確にする
---------------------------------------------------
あなたのお店、会社では「広告予算」をどの視点で決定してますか?。
@ 決定している販促経費
A 売上の○%を
B その時その時で計上

いかがですか?。

「広告経費」は・・・そもそも「お客さんを増やすために必要な経費」ですよね?。
増客出来なければ、経営そのものに影響が出てくる大変重要な経費です。

「広告・販促経費」は「結果の予測」から導かねばなりません。
チラシを配布した際の反響率はこの様に導きます。
(反響件数)÷(配布した総枚数)=反響率

この反響率、業種・業態は勿論ですが、条件などでも簡単に変動します。
現場感覚で「なんとなく」良い・悪いを判断するのではなく、ちゃんと数値化することで
『そのチラシが良かったのか?』『タイミングがあってたのか?』『イベントを支持されたのか?』などのデータを取れます。
これが将来の『予測』に繋がる、大切なデータになるのです。
しかしもっと確実で、もっと精度の高い概念・計算法があるのです・・・。


       

---------------------------------------------------
■CPO(コスト・パー・オーダー)を導く
---------------------------------------------------
CPOとは「新規客を1人獲得するために必要な経費」の事です。
10万円の広告経費で10名の新規客を獲得出来た場合、CPOは1万円という事です。
広告はCPOで『定点観測』していくと、『当たった・外れた』が容易に理解出来ます。

CPOは安い方が良いので、安価になる様な『媒体』『ビジュアル』『表現』を追及していく事が肝要です。

あなたの CPOを 10000円 とします。
あなたが 100名の新規さんを欲しがるなら100万円の経費が必要なのです。
あなたが 1000名の新規さんを欲しがるなら1000万円の経費が必要なのです。

年間で獲得したい新規客さんの数を決定し、年間の『広告経費』を算定していく事は大事です。
「反響」は、きちんとした「根拠」から考え、予測をつけて・・・・更に上を目指す事が「反響への道」でもあるのです。

※集客においてCPOは大変重要なコンテンツですので、こちらも続けてお読み下さいませ
CPO PART2
CPO PART3
CPO PART4


地域集客の無料セミナー反響塾(チラシ・ツール作成・広告の使い方など)