ポスティングを発注する前に

—————————
ポスティングを発注する
—————————
自分たちでポスティングをせず、すぐ業者に発注する…というコトを言い換えると、「自店客の獲得」を外注するというコトになります。一方、自分のお客さんをどう獲得して行くか?を知っているお店は、ドコに向かって、今「それ」に力を入れているのか?がキチンと理解できている方が多いものです。

自分でポスティングをする。という事は「自分でお客さまの獲得方法を会得する」というコトです。方法…やり方を熟知するからこそ、ようやく「評価」や「定義」が出来るのです。
つまり、自社の中にこういった
・ポスティングに求めるコト
・評価基準、定義
などが存在しない限り、業者に発注する事はお勧めいたしません。知った上で委託する事と、知らないまま委託するのでは大きな違い(差)が出来てしまうのです。

—————————
ちなみに。な事例
—————————
コレはほんの一例です。ポスティングを定期的に行って、かなり反響を得ている会社・お店は大抵…業者発注しておりません。業者に発注した上で、配り方を見て、反響数などをカウント、効果測定した上で業者発注を止め(自分たちで配布した方が効果が大きいと判断)、自社配布しているからです。(一部には良い業者さんもありますので、その場合は例外です。良い出会いがあればラッキーですよ)

外壁塗装会社(群馬県)
業者配布:1/33000枚 自社配布:1/710枚
美容院(福岡県)
業者配布:1/6500枚 自店配布:1/370枚
 のように大きく差が出る場合もあるからです。(ちなみに同じチラシを配布しています)

ですので注意して頂きたい事は
1)まずは自分たちで自分の商圏を知る
2)商圏に即したポスティングの仕方を知る
3)それに準じたチラシ作製をしてみる
4)ポスティング作業自体に慣れてみる

という経緯を経てから、実際にポスティング会社と折衝した方が、的確に質問出来ます。一生懸命作ったチラシを託せる相手か?を真剣に判断できます。

自分がある程度知ってから…評価基準を持ってから、地域集客のパートナーを選んで頂いた方が成功の確率が高いのです。
という前提の元、それでも「ああ。そろそろ業者に発注だなぁ」という時が来たら、どうぞご参考にしてください。良きパートナーが見つかる助けになれば幸いです。

PAGE TOP