単配(たんぱい)・併配(へいはい)

———————————————–
単配(たんぱい)・併配(へいはい/併せ配布)
———————————————–
ポスティング会社は大きく分けて2種類の配布方法を行っております。(一部には両方行っている会社もあります) 単独配布、併せ配布、どんな配布方法で、どういったメリット・デメリットがあるのでしょうか?

———————————————–
単独配布
———————————————–
ポスト内に対して1枚で配布することです。単独配布はこのような特徴があります。
①1枚なので目立つ
広告物の数量が少なければ少ない程「注目率」が上がり、また手にとって戴ける、保存して戴ける確率が高くなります。同時に多数のチラシを投函すると読み手の「注意力」が散漫になり、落ち着いてチラシを見て(判断して)もらえなくなる為、必然的に捨てられてしまう確率も上がります。1枚だと集中してくれるのです。(分母の話もご参照下さい)

②自社・自店の条件に沿って配布可能
単独配布は、自社・自店の条件を満たす(であろう)配布を行う事が可能になります。指定した曜日や時間帯、枚数、細かい地域、そして一定条件を満たした建物だけに…など、あなたのお店が欲しい客層に届けるためのお手伝いをしてくれます。コレは言い換えると、『自社専門の集客組織』とも言えるのです。

③ブランドバリューの保持
例えば、市町村や区の広報誌を代表とする「公的」な印刷物等は基本的に併配(同時に他のチラシと配布するコト)を認めておりません。併配される事で一般企業と同一視されるのを嫌う傾向があるからです。イメージを重要視する企業も同様の傾向があります。当然配布に行くと他のチラシが配布されていたりするのですが、自らが他社のチラシを同時投函しない分だけブランドバリューは保たれます。( ほんの僅かな事ですが )

デメリット
配布単価が高額になる(仕方がないのです)、作業に時間が掛かる事もある(雨天・荒天、地域性など)

———————————————–
併配(併せ配布・同時配布)
———————————————–
併配とは一回に他社のチラシと共に、あなたのチラシを投函してくれるスタイルです。安価で依頼できる、作業効率が良いのが魅力なスタイルです。
①「配布単価」を安く出来る。
1個のポストに複数の印刷物を投函(併配・同配)する事で「配布単価」を安く出来るので、コスト的負担は低いです。枚数が集まれば配布スタッフに支払う単価を安く抑えられるので、クライアントに請求する「単価」も必然的に安価にする事が可能になるからです。ですので、配布を希望する地域で、少しでも安いコストで「とにかく新聞折込みよりポスティング!」というクライアントにはピッタリのスタイルでしょう。事実こういったエリア、こういった配布(併配)でも、新聞折込みより反響が上がる地域はあります。

②早い(1個のポストに同時投函出来る為、効率が良い)
このスタイルを取る大多数のポスティング会社は、地域の主婦を配布スタッフとしてセッティングしてます。地の利もある上、何百人ものスタッフが一気に活動するので、配布も短期間(1日~2日)で終了します。

デメリット
一つのポストに多枚数投函される(視認率が下がる、迷惑に感じる人が増える)、捨てられる、見てもらえない、空きエリア対策(配りたいエリアに対応してくれない)、希望の曜日や時間帯の指定が出来ない、反響が一気に集中するので対応が出来ない…など。

PAGE TOP