時の断捨離

こんにちは!チラシやポスティングで地域集客を大反響を得るため、今年も走り始めた、望月まもるです!\(^o^)/昨日は「講義初め」、午後13:30から20:30まで渋谷にて反響塾(セミナー)、反響実践会(勉強会)とがっつり行きましたっ!!( `▽´ )/

札幌勉強会のメンバーが来てくれたり、セミナー参加者が勉強会にそのまま見学したり、年頭から「商売人のヤル気」に触れる事が出来ました!コレがそのまま私の「エネルギー源」になるのです(*>▽<*)

-----------------------------------------------------------
時の断捨離
———————————————————–

昨日は勉強会内で必要な時間・不要な時間 の棚卸と分類というコトについてお話しました。ココで肝心なのは「何を以て必要(不要)とするのか?」というコト…(^_^;)定義が大切なんですね。自分ルールって事です。

また「何を以て要・不要なのか?」とは、例えば、あなたに何かしらの目標があるのなら、あなたはそれに向けた「要・不要の時間」を意識しているか?分別しているか?不要と感じる時間を無くし、目標達成のための時間に充てているか?というコトです。極端に云うと、「〇〇に向かっている」という認識があれば、寝ている時間さえ目標に向けられた時間になります。

だからこそ、ただただ毎日を過ごす(こなす)のではなく、自分の時間が「どういう方向性のものか?」とか、「どういう質のものなかのか?」とか、「果たしてそんなに時間を使っていて良いのか?」などについて、分別した方が良いんですな。

0112
目標がある、夢があるくせに、そちらに向けられた生活…時間を使っていない場合、「意識と言動の差異」が生じます。「起業する」「今年は年商1億円に」「成功したい」と言いながら、具体性を伴った「時間の使い方」をしていないので、思考と行動の差が激しくなり、自分の中で不協和音が生じるのです。

意識と言動の差異は、「どうせお前はそんな事を思っておきながら、動かないんだろ?」とか「またお前は今だけそんな事を思って…」などの自分不信と罪悪感、やる前からの諦めなども産み出します。コレは…商売人が陥るモチベーションダウンの原因でもあるのです。
(※達成から起こるモチベーションダウンは、次の目標設定がされてなかったコトから起こる場合が多いです)

だからこそ、自分が持っている時間は…24時間、365日は、出来る限り目標に向けられた方が良い。その方がモチベーションも持続しますし、行動、言動を通して「目標達成に向けた意識の常時接続」がされるのです。

——————————————————–

しかし、時間における自分ルールを作る上でも、まず前作業があります。「夢を」「目標を」と考えた時は大抵、発する言葉に「幸せ」「成功」「起業」「支店を…」など具体性を伴わないワードが出てくるからです。具体的にイメージできていない場合は、超具体的にしないと、そこに向かうコトが出来ないものです。

アメリカに行きたい。ではあいまい、西海岸に…東海岸に…でも、まだ漠然としています。都市名の指定をしなければ航路だって決まりません。もしかすると船で行く事だってあるかも? ですのでココをキチンと具体的にすると、「ああ。自分はハワイ行きたかったのね。本土ではなかったじゃん!」なーんて事にも気づいたりもします(笑)(^_^;)

また「年商1億円」という目標は具体的なようで、あいまいなものです。商売には「利益率」があるからです。1億円に対しての利益率が10%だった場合と、25%だった場合では、年間で1500万円もの差が生じます。

002-2

ですので、もしあなたが「1000万円の利益を」と、現在の利益率のまま「1億円の売上だ!」と考えているのなら、それは大間違い。利益率を25%にしてしまえば、たった4000万円の売上で達成できますもんね♪ 利益率を上げること。と、売上を上げることは、ちょいと行程が違うのです。ですので、まずは「利益率」…1%でも利益率を上げていく事は、こと地域密着型のご商売にたとても大切なのです。

そして「売上の達成」には、大抵「構成比率」なんてぇもんもございます。「A」「B」「C」の各部門ごとに「〇千万円」…という商品(サービス)の属性別売り上げ構成ですな。「利益率が低いけど良く売れる部門」に力を注ぐのか?「利益率は高いが、売れ行きは今ひとつ」という部門に時間を掛けるのか?でも、時間の使い方は大きく異なります。売上と利益を混ぜこぜにしながら考え、安易な目標設定をすると、時間割(スケジュール)自体が変わってくる。というコトです。

という感じで、「成功」「起業」「幸せ」(の意味、内容)を、スーパー具体的にし、その内容を自分自身が理解できるからこそ、初めて「そこに向けた時間の組み立て(自分の時間割:スケジューリング)」が出来、「時間を使う意味合い」を認識しながら日々を送る…という訳です。

——————————————————-

「忙しい」と言う人は、大抵お金に苦労していたり、はたまた余計なトラブルやクレームが起こったり…という傾向が高いようです。しかし、実は先に申し上げた「目標の明確化」「あいまいワードの定義化」「自分ルールの設定」などを意識、行うだけで、時間に追われたり、流されるコト、トラブルを引き寄せることは一気に減少します。というか、無くなります。

目の前の事をこなすだけ、片づけるコトだけに自分の時間を供与してしまう、日々を暮らしていく…というのは、自分の人生を生きている。というより、「時間の奴隷になっている」と云えましょう。「作業」なのか?「仕事」なのか?ですね。

年末年始には色々な所で手帳が売られ、新しい年のスケジュールを…という方も多いと思いますが、各自に与えられた「2014年」という時間を、自分の365日を、今年はクリエイティブしてみませんか?プロデュースしてみませんか?

1)〇〇に向かって。という目標設定
2)目標の具体化、明確な言語化
3)それを達成するため、今の現状を振り返り、「必要(不要)な時間」を書き出す
4)目標に向けた企画と明確な時間割(スケジューリング)

の順で行ってみると、時間の断捨離が出来るものですよ(^v^)

商売人にとって、時間はお金です。時間単価は1円でも高い方が良いですよね?しかし、そのお金を支払って下さるのはお客様です。ですので、お金はお客さまでもあるのです。だからこそ、時間を大切にする。という事はお客さまを大切にする。というコトでもあります。顧客満足度の向上が叫ばれて久しいですが、自分の時間を大切にすることは、お客さまを大切にする事に直結するのです…。

さてさて、売れているお店、繁盛店のオーナーや社長さんには、優秀な「時のマスター」がとても多いです。時間の余裕はもちろん、目的を持った時間の使い方をしたり、有意義な「時間の自己投資」を行っているものなのです。

—————————————————————————-

地域集客を大成功させる!反響塾
※反響塾は通常1か月に1回ずつ。1→2→3の順で進めて行きます

直近の開催会場
渋谷反響塾 Vol.1/ 2014年3月 1日(土)13:30~17:00
新大阪反響塾 Vol.1/2014年3月11日(火)13:30~17:00

お申込みはコチラからどうぞ

—————————————————————————–

PAGE TOP