誰に読んで欲しいのか?

あなたのお話は誰が聞いてくれるのでしょうか?。
その方はどういう方か明確なイメージをお持ちですか?。
このトピックでは、あなたがお付き合いしたい人。あなたのお話を聞いてくれる人。の『すり合わせ』も考えながら読み進めてみて下さい。

■あなたには本来付き合いたいお客さんが居る

誰も好んでクレーマーとお付き合いしたくないはずです。
もしあなたが『質の良い集客』をお望みなら、『どういう顧客に来店して欲しいか?』というイメージ作りは重要です。
世間では『ターゲティング』と呼びますが、『仲良くなりたい人』『来店して欲しい人』と表したほうがポジティヴですよね。

昨今は『買ってくれるなら誰でも構わない』という曖昧な対象者設定だと・・・反響を出す事が難しいのです。
それは元々自分の商売には、『それを求めるであろう客層・顧客像』が存在しており、
それを模索・仮定しない限り、『彼らに届くコトバ』が見出せないからなんですね。

自社・自店を好むであろう顧客像。自社・自店が求める顧客像。
ココの『想像と仮説設定』から『反響が出る広告作製』は始まります。

■対象者が変わればコトバも変わる

『届く広告』『伝わる文章』『反響が出るチラシ』は、かなり詳細な対象者設定をしてます。
『誰に対して伝えるのか?』を明快にする事で、『切り口』『お勧めする文章』を考えるからです。
しかし・・・ココをしっかり設定しておくと、来て欲しい層に届く言葉が発信できます。

あなたは、ある商品のセールスをするとしましょう。
商品は 『朝飲むとシャキッとする健康飲料』。
さぁあなたは下記の人に、どういうプレゼンをしますか?。

 

対象者の設定 –
部活と塾通いに忙しい17歳男子
毎日残業で夜の11時過ぎまで働く27歳の美容師さん(女性)
昼は企画会議、夕方~夜は部下の相談に乗る48歳の部長さん(男性)
定年したばかりで、家庭菜園に勤しむお父さん(最近腰が痛い)

・・・いかがですか?同じ飲料でも、対象者が変わると『コトバ掛け』『プレゼンの内容』が、大きく変わることに気づきましたよね?。
チラシも同じなのです。『対象者設定』を明確にしてないままチラシを創ってしまうと、
『誰に言ってるか解らないプレゼン』になってしまうんです。

でも・・・絞れば絞るほど『そんな人はいないんじゃないの?』という心配も聞こえて来そうです。
その心配は全く逆で、対象者設定は絞れば絞るほど、
『引っかかってくるポイント』を増やす。という事でもあるんです。

自分が妻帯者、2人の子持ち(女子・男子)という事を自己紹介したとき、
「ああ。ウチもですよ」と共通意識で結ばれることってありますよね?
またこんな事も・・・。

「犬を飼ってるんです」
「え?ウチもです。犬種は?」
「ラブラドールレッドリバーです。お宅は?」
「大きいのを飼ってるんですね!?ウチはミニチュアダックスです」・・・・という具合で、
例え初対面の人であろうと、自分と共通する部分があれば『対話』が続いたり、『相手に興味を持つ』のは自然の事なんです。

ペットグッズや、ペット関連のお店なら、犬を飼ってる人。という括り。は勿論ですが、
中型犬。という括りや、それを飼ってる飼い主さんの人物像。を明瞭にした上で、本来なら更に細かい『プレゼン』が可能になります。

そしてこんな事も・・・。
例:シーズーを飼ってる28歳OL(独身)。近所の河原に愛犬と散歩、野球観戦が大好きなので、良く球場にも足を運ぶ。

例えばこの対象設定(例なので簡単にしました)で、
『近所の河原(固有名詞)で散歩』のお話や、野球観戦の話をチラシに入れて発信すると、
いつもその河原で犬の散歩してる人は勿論ですが・・・
その河原が好きな人とか、「あ、ボクも野球が好きなんですよ」とかもヒットしてくるんですね。

商売はまず『一人でも大勢の人に知ってもらう事』が大事です。
そのためには詳細なターゲティング設定をし、伝える事・伝え方を考えてみると、結果として話が早いのです。

 

■確認すべき事

という事で、『1人の人物像』が明確になる位、創造を膨らませてみましょう。
この人に、あなたの事を伝えるのです。

性別 男性/女性
年齢 才
未婚・既婚 未婚/既婚
妻 才
知り合ってから     年
結婚してから      年
子供   人
男子  人  女子   人
子供の年齢(学年)    才
両親 :父親   才  母親   才  (同居・別居)
現住所
1 ずっと地元
2 学生時代は他の地域だが現在は地元
3 地元ではない
4 その他
学歴

学生時代
サークル・部活
表彰
当時のバイト
当時の友人関係
当時の趣味
当時の生活パターン

仕事
役職
職歴
職種
役職
業務内容
年収(月収)
生活パターン 時出社 時帰社
休日 曜日

その他
性格
現在の社会活動
その動機
目標や夢
現在の悩み
ファッション
ライフサイクル
食生活
普段気をつけてる事
その他項目・気づいた事

この作業が終わったら・・・この対象者に対して、自分のお店のプレゼン、商品のプレゼンをしてみましょう。
そこで出て来たコトバこそ、『届くコトバ』だったりするのですから。

 

 

 

PAGE TOP