配り方、周り方

———————————–
配り方、回り方
———————————–
一区画ずつ確実に 
配布に出ればご理解いただけるのですが、最初のうちは『道の左右両方』を配り進めたくなるんです。でも、我慢しましょう。1区画ずつ確実に投函しないと「配布したか?してないか?」を混同するからです。これらは「重複配布」「配布漏れ」の原因になりますので正確に配布する為、1番地もしくは1区画ずつ配布を進めていきましょう。

一筆書きで周る
効率よく配布するにはどうしたらいいか?を良く考えるとは言っても「一区画ずつ」配布するというのは、行動に大きな「ロス」があるもんです。効率よくエリアを回ってみましょう。

一筆書きでのポスティング方法

一筆書きでのポスティング方法


1)出発地点を決める(●印)
2)進行方向に向かい「右手(左手)だけを配布する」という風に決める
3)大通りは一番最後にするので、中に入る
4)「右手のルール」を守りながら進む
5)大通りに来たら手前でUターンする
6)中を周り終えたら大通りに出る
7)外周を周りながら出発地点に戻る
8)隣接地域も同様に
9)慣れたらもっと大きな区画を「一筆書き」する


———————————–
配布の注意事項
———————————–
1枚ずつキレイに
きちんと折って一枚ずつ、ポストの奥まで落とし込む。コレが基本になります。

空家は絶対配布しない
イメージが悪く、投函すると放火や悪戯の原因にもなります。空家から反響は出ませんので、絶対にポスティングしないで下さい。

挨拶
地域の住人さんに会った場合は必ず挨拶しましょう。「○○町の○○ショップです。バーゲンのお知らせですのでどうぞ!」という具合に、一言添えるといいでしょう。

トラブル
配布を拒否された物件には「拒否する理由」があるものです。無理に配布しようとするとかえってトラブルの原因にもなりかねませんので、絶対に配布しないで下さい。どうしても配布したいのなら、後で菓子折りを持って行くなりして「お願い」というスタンスで切り込んでください。また、この様な建物はメモしておき、今後の配布に役立てるべきです。中にはかなりクセのある方もいます。警察を呼ぶ、○円よこせ、社長連れて謝罪に来い・・・無理難題を言われる事もありますので、注意しましょう

PAGE TOP