あんた次第や

ポスティングはナンボ反響あるん?私は職業柄、昔から「ポスティングをすると、どの位反響あるの?」という質問を、数多く受けてきましたが、そもそもポスティングに限らず、広告全般について言える事は、誰が読んでいるのか?何のために読んでいるのか?商圏性は?天気、天候、季節性は?価格帯や商品構成は?切り口、見せ方、魅力の訴求は?というコトから…お店の評判は?なんて事まで 複合的に絡みながら『反響の有無』が起こるので、そんなん簡単に言えるか!というのが正直な感想です。

大体質問してきた方の地元における評判・評価だって解りゃしませんもの。なので一律に…新聞と比べ、どれ位変わるのか?どちらが反響良いのか?という単純な視点では答えられないとても複雑なものなんです。

お爺ちゃん向けの商品をティーン誌で告知するでしょうか?冷夏ならビールの売上はどうでしょう?評判の良いお店がポスティングすると、どうなるでしょう?馴染みの店が、『とても美味しい料理を自宅まで運んでくれる』という新サービスが始まったと知ったら、ファン客はどう行動するでしょう?

50000枚ポスティングして1件も電話が無い事もあれば、たった2000枚で700組も来店して頂き、喜びの涙を流したお店もありました。自社・自店で記録しながら試行錯誤。目的を持ってブラッシュアップしていくと、確実に精度…反響率は上がるのです。(すぐ諦めて止めてしまうお店が多いので、続けている方たちは確実に結果を出しているのです)

キチンと目的意識を持ちながら試行錯誤を繰り返すと、『何が正解で何が間違いだったのか?』が分かるようになります。地域集客における商圏性はマーケティングの世界で言われている程、簡単&単純なものでもない。と私は常々思っておりますが、例えばポスティング1つにしても、地域を理解しようと工夫しながら続けている会社の反響率が飛躍的に上がっていく事は決して珍しくないのです。

1/20,000 とも 1/50,000 とも云われている、住宅見学会の集客が、私の周囲では最近でもポスティングで 18/3000(工務店:全て新規客)30/7000(リフォーム会社)上がっているケースがあるので、売価が大きい業界は特にですが、しっかりポスティングを行い、色々な視点でデータを集めたり、記録する事で『反響』は高められるものですよ。

PAGE TOP