記録しよう!

自社・自店でのポスティングが終了した後は、必ず『データ』を取りましょう。月・日・曜日、天気、温度、地域(町丁字・番地)、担当者名、そして配布枚数を日々記録します。配布したチラシを表紙にして手書きで記録しても良いですし、エクセルなどのソフトにチラシの写真を貼って記録すると、後で「どのチラシが結果を出したのか?」などが一目瞭然になります。

この地道な「データの積み重ね」こそが、明日からの集客・売上を左右するのです。データを記録していくと、将来的に色々な展開を予測出来る様になり、だからこそ根拠ある集客活動が可能になります。

『ポスティングチラシ』を持ってきたお客さんの数、配布した枚数(チラシ経費)に対して、チラシを持ってきたお客さんが何人いたか?いくら売上げを作ったか?ポスティングを導入してから、日、月、で何パーセント上がったか?(対前年でも何でもいいです) エクセルをお持ちなら、簡単に出来る事です。また先に説明したポスティングデータを記録しておくだけでも、色々な効果測定が可能になります。

・CPO、CPR、獲得した新規客数や問い合わせ数など
・配布した町(丁)から、どれ位の反響(問い合わせ・来店・購入・売上・利益)があったか?
・配布した日にちと反響の関係性(月初・月中・月末、曜日、時間帯)
・天候・温度と反響の関係性
・スタッフによる反響の差異
・配布枚数に対する反響率 (反響数/配布枚数)
・地域と売れた品目や価格帯の関係性


そして…あまり知られていませんが、配布拒否された建物を記録しておくと、「おぉ!」と思うようなコトだって出来るのです…!!。

PAGE TOP