きちんと選別してポスティングする

——————————
きちんと選別してポスティングする
——————————
とある企業セミナーにて「ポスティング」についてセミナーをした際のお話です。この会社は「これから自分たちでポスティングを、本格的に行う」ということでしたので、20余名ほどの参加者に対しまず質問してみたのです。「今までポスティングやったコトある人~!?」「はーい」とほとんどの方が挙手。しかし…
1)地図を持って
2)一区画ずつ漏れが無いように
3)キチンと配った部分を地図上にマーキング
4)ポスティングした枚数をメモ
5)配布拒否などされた場所をメモ

と質問を変えていくと、どんどん手が下に下がり始め、5番で遂に1人も居ない状態に。(笑)(※6番以降も質問はありますが)

このセミナーでもお話しましたが、ポスティングはまず「配り残しが無いようにする」コトから始めた方が良いのです。5感をフル稼働しながら、自分の商圏を知る事が出来ますから。で、「5番」まで出来るようになってからは、「選びながら配布する」というコトです。小路の奥にある戸建て、アパートなどにもしっかり配ることが出来るからこそ、選ぶことが可能になってくるのです。選択肢ができるのです。目が肥えるのです。

また戸建て住宅ひとつ取ってみても、
・面積
・築年数
・素材
・車庫付き(どんな車が停まっているか?)
・自転車やバイク、三輪車やベビーカーの有無

など、見るべきポイントは沢山あります。「戸建て住宅にポスティングする」という括りの中にも、更に分類できるポイントも沢山あるんですね。(集合住宅…、マンションや団地、アパートも同様です)

自分の商圏が、どんな人達で構成されているのか?を知り、次に…どんな属性の方たちに、どんなチラシでアプローチしていくか?を考え、しっかり作り分け・配り分けすると反響率は上がるモノですよ。

————————————————-
選別すると少ないチラシ枚数で反響アップ
————————————————-
10,000枚配布したけど、〇件の反響しかない。という場合、大抵「絞り込み」と「配り分け」で改善できます。欲しい(と思われる)人に、欲しい情報を。がセオリーだからです。高級車が停まっているお宅に、高級車のPRをした方が良いのです。すると…10000枚なんて必要ありませんよね。どんな人に、自社の商品(サービス)の何を、どう訴求して行くか?を考え、そして、それを欲しそうな方に直接ポスティングすると、10000枚なんて必要ないのです。

新築住宅の見学会チラシなら、どこにポスティングすれば良いのでしょう?「あなたの売りたい価格帯」のチラシは…ドコにポスティングすると支持されるのでしょう?買って下さりそうな場所だけに配布すると、準備するチラシ枚数も1/10…あるいは1/20で済む場合もあるんですよ。

PAGE TOP