新規開店する人は読んでください

—————————————————
新規開店する人は読んでください
—————————————————
『本日●時●分開店』という大きな文字。 その下には『先着●名さまに●●をプレゼント』。 居酒屋のチェーン店や家電量販店にありがちなOPENチラシっす。1950年代に農薬散布用のセスナから一斉にチラシを投下してた『アメリカの広告方法』が 脈々と日本で残り… その残り香がこんなカタチでしょう。 しかし日本人も元々『合わせる』『迎合する』人種ゆえ、こういったマーケティング手法を受け入れてきたため、いまだにこういった残り香でさえ、それなりに集客できてる一面もあるのが、歯がゆい事実(昔ほど効果はありませんが)。

さて本題に戻りますか。 冒頭のOPENチラシですが、私は大変気持ち悪く感じます。もし地元のお店がこんなチラシをポスティングしてきたら、その店には行きません。何故でしょう? 開店時には地域の住民に何を言うべきでしょうか? 本当は開店前に…何か言っておくべきなのではないでしょうか?

—————————————————
「ごあいさつ」しましょう
—————————————————
普通、人と人が知り合う・仲良くなるには『ごあいさつ』って、ありませんか??。 あわせて自己紹介とかも。 冒頭のチラシには、それが無いのです。そういった姿勢が無いのです。 私はココが大変薄気味悪く、しかも「ありえない!!」とさえ感じるのです。 そもそもお店を出すという事は、お金を地域の方たちから頂戴する。というコトです。

「この度●●にて●●のお店を出す運びとなりました。近隣の皆様に御挨拶を…」という言葉が無いまま、シレ―っと開店して、しかも集客しようとしている所が、商売人の前に「人として」失礼であり、薄気味悪いと想うのですよ。

誰がやってる、どんな店が、どういう意図を持って、私たちの町にOPENするのか?。 地域の人達は何も知らないまま、自分勝手にお店は開店するだけではなく…事も在ろうに『売上』も欲しがってる(汗)。 そんな理不尽かつ失礼な話はありません。 しかも冒頭のチラシの場合、挨拶しないどころか 『●●をやるから来い』みたいな感じさえします。

特定商圏の中で商いを軌道に乗せ、存続させていくのに、地域のお客さんは必要不可欠な存在です。地域のお客さま無くして、店舗の繁栄と存続などありえないのです。しかも…その一歩目でもあるチラシで『自己紹介・ごあいさつ』しないどころか、景品などで釣ろうとは、その企業姿勢が疑われてもおかしくないのです。レベルの高い地域の顧客層は、静かに見て見ぬふりをしているんですよ。

—————————————————
仲間に入れてもらう側
—————————————————
冒頭に紹介した『欧米型マーケティング』が、日本のマーケットを席巻…と思いきや、 実は日本という商圏はこういった事に敏感であり、そして、結構重視してたりもするんです。当然の事ですがお客さんがチラシを見ても、あなたに価値を感じなければ、あなたの商品・お店に魅力を見出さなければ、それでおしまいです。反響には結びつかないでしょう。しかし…不器用でも、へたくそでも文法がメチャクチャでも、 あなたに『気持ち』があるのなら、それを伝えた時、地域のお客さんはそれをしっかりキャッチしてくれるんです。
若い店主が一生懸命やっているなぁという姿勢が伝わると、「応援してあげようかな」という地域の方が現れるモノです。(コレが地域集客の良い所)。『自己紹介・ごあいさつ』も無く商売を始める無神経さを、ハイクラスの顧客層は見逃してません。地域の方は、ずっとそこで暮らしているのです。 あなたは彼らの仲間に入れてもらう側であり…その地域の方達無くしては、生活できない立場だというコトを自覚しておきましょう。

—————————————————
開店時の広告に記載した方が良いコト
—————————————————
・開店のごあいさつ
・理念、姿勢、抱負、
・店主(スタッフも)プロフィール

ココまでキチンと書いた上で、
・商品やサービス、店舗の紹介
・開店の特典 など


PAGE TOP