地域に応じた内容

—————————-
地域に応じた内容
—————————-
あなたのお店には商圏が存在します。歩いて来れる範囲、自転車で来れる範囲、バイクや乗用車、公共交通機関を利用しないと来れない範囲…様々です。

ですので、例えば地図ひとつ取ってみても表現の仕方は変わります。最寄駅、バス停、駐輪場、バイク置場、パーキングの有無…。特に首都圏では「バイク置場・パーキングの有無」だって、記載すれば反響も上がるものです。

また商圏には「商業地区」「山手地区」「下町地区」「農村部」など、その地域に合わせた属性(こんな人が多く存在するよね。ってやつです)がございます。働きに来ている人が多いなら、その人たちに対して何を訴求すべきか?山手地区と下町地区では、何がどう売れるのか?などを考えながらチラシを作り分ける事で反響率は大きく変わるのです。

同じ商品・サービスを、同じ言い方で…ではなく、あなたの商圏特性に合わせながら、「語り分け(作り分け)」して各地域での売れ行きを計測していきましょうね。

PAGE TOP