ポスティングは着眼率が高い

—————————————————-
ポスティングは着眼率が高い
—————————————————-
あなたも自宅のポストを確認してると想うのですが…その際、『ハガキ』『封書』など自分宛・家族宛に来たモノと、チラシやDMを選別しながら確認してるはずです。必要なモノ・不必要なモノを分類しながら確認作業している。という事ですね。ココが既に『視認されてる』と言うことなのです。

『見られる』という事は、『要・不要』のジャッジをされる機会を持った。という事なんです。分厚いフリーペーパーの中に掲載し『誰に見られるか保障がない状態』とは、少しワケが違うんですね。

このようにポスティングは、誰にでも当てはまる「自分の家のポストを確認する」という、ごくごく当然である『生活上の行動』に即しているのです。

—————————————————-
誰でも配布したい場所
—————————————————-
反響を取りたいと思い、頑張って、素晴しいチラシを作成した人が居ます。彼は自分の足で一生懸命ポスティングに勤しみました。しかし、彼のお店がある商圏は、かなりの比率でマンションなどの集合住宅が密集してました。彼の店に積み上げられたチラシは、すぐに無くなったのですが・・・反響は今ひとつでした。

答えは『集合住宅』です。ご存知の通り集合住宅のエントランスには『集合ポスト』が設置されており、ポスティング作業をする者にとって『楽』な配布場所でもあります。しかし件の彼は、こういった集合住宅ばかりに配布してしまったため、反響を手放してしまったとも言えるのです。

集合住宅にお住まいの方達は、毎日届く山のようなチラシの数に辟易してます。しかし地域でご商売してる『ポスティングする側』は、早く枚数をさばこうと、集合住宅を優先的に周ります。ココが運命の分かれ道なのです。集合住宅は『配布されるチラシの分母』が、一般の戸建住宅に比べると格段に違うので、チラシは目立たないどころか、そこに住む住人にとれば「ゴミ箱に入れるモノ」という認識なのです。

—————————————————–
混在を避けるには?
—————————————————–

自社・自店のスタッフがポスティングをした場合、他社のチラシと一緒になることはありません。(ただし配布先で他のチラシと混在する場合はありますが)

広告の場合、他の広告が多くなればなるほど、自分の広告が目立たなくなり、少なければ少ないほど目立つようになります。同じようにポスティングでも出来るなら他のチラシ…特に同業他社と同じポストにはなりたくないものです。自社でポスティングすれば、他のチラシと一緒にならないので反響が独り占めできるんですよ。(マンション、団地、など誰もがポスティングしてきそうな密集地では難しいですけどね)

—————————————————–
混在を避けるポスティング 
—————————————————–

その1 セグメント(選別)

セグメントとは『選別する』という意味です。一般家屋と事業所を分類しながら…とか、外壁がタイル貼りの家のみ。とか、車庫付き1戸建てのみ…など、細かい設定が可能なのです。建物を見ながら選んでポスティングすると、対象になるポストにダイレクト訴求できるんですよ。

その2 誰も配布してないポストを探そう!

集合住宅(アパートや団地・マンションなど)のポストには、日々数多くのチラシがポスティングされます。しかし、配りやすい場所にしか配布しないポスティングに比べると、路地裏の戸建て住宅や、家がまばらな地域にあるポストには、情報がとても少ないので反響が出やすくなるのです。

例:家と家の間が離れている…とある地方都市の街にて。ココでのポスティングは1時間で20枚程度という大変厳しいものでした。しかし、配布したチラシの約半分、50%から反響が出たのです。情報数の少ないポストに入るチラシはとても珍しいので、キチンと見て頂けるんですよ。

PAGE TOP